PRODUCTS

水陸両用自走式船台 

poating

水上係留と陸上保管の利点を融合した
新発想の革命的な電動自走式船台

あなたはフローダーを使って、自分のボートを自宅や別荘から
一人で好きな時に出し入れ出来ます。
それにより、充実したボートライフを楽しむことが出来ます。


フローダーの特徴・利点:
水陸両用自走式船台

01
出艇から帰着まで、水に入ることなく操作がすべて一人で出来ます。

電動式のフローダーは、出艇から帰着まで、水に入ることなく操作が一人でできます。
あなたが陸上でボートに乗ったら、そのまま水上へ(沖へ)出ます。
帰りは沖でフローダーに合体するため水際でスムースな出し入れができます。

02
上架クレーンを使わなくても、海に簡単にアクセスできます。

フローダーは上架クレーン設備の無いところでも、砂浜、スロープから簡単に海へアクセスできる、全く新しい発想の水陸両用自走式船台です。.

03
ボートを陸上保管することで、メンテナンス費用を削減できます。

台風時には、ボートをフローダーで安全な場所に移動できるので安心です。またボートを陸上で保管することにより船底塗料等のメンテナンス費用を軽減することができます。

04
メンテナンスが簡単!防錆処理しています。

フローダーのメイン機能はシンプルなリンク機構を採用しており、水中部分のメンテナンスを軽減した設計です。
また、フレームは、亜鉛溶融メッキによる防錆対策をしています。


05
コーストガード・消防署・ダム湖の管理などにも貢献します。

ビーチサイド、またはウォーターフロントに地所を所有していればフローダーを使用して最大限に楽しむことが出来ます。
またフローダーは、コーストガード、消防署、ダム湖の管理などにも活躍します。

フローダーの操作方法

停泊できる場所にアンカリングし、電源ケーブルを戻し、固定ロープを外します。

01

砂浜、スロープから自走で水中に入ります。

02

水中に入り、船体とフローダーが浮くと、ボートの推進力で水上を移動します。

03

フローダーを安全に停泊できる場所でアンカリング。
コントローラーをモーターケースに収納し、固定ロープを外しまず。

04

ゆっくりと後進し、ボートはフローダーから離れます。

05

帰りは、風下からゆっくりフローダーに入ります。
(アンカリングされたフローダーは風上を向いて浮いています。)

06

ボートとフローダーを左右の固定ロープで固定します。


07

タイヤの駆動力とボートの推進力を使って上陸します。

操作は簡単!!

poating

コントローラーのジョイスティックで前後進・左右へ旋回できます。

お客様の声

実際にフローダーが動いているのを見て衝撃を受けました。

大谷たかお
セイルボート オリンピック審判員

Takao Otani

フローダーが動いているのを見て衝撃を受けました。
ボートを操船するときは、風の強さや方向、ボートの横流れなどに留意する必要があります。
更に船を陸に上げる際、例えばトレーラーに船を載せる場合には、 スロープが滑りやすかったり、荒れた状態だと難しくなりますがフローダーを使えばとても簡単にスムースに出来ます。
また、マリーナの営業時間に縛られること無く、高額な料金を支払う必要もありません。

あなたが水面に近い場所に住んでいるなら、フローダーはあなたのボートライフに革命を起こします。
あなたの好きな時間にいつでもボートに乗ってください。